審査基準について

国から貸金業として認められている消費者金融会社は、法律で「総量規制」が導入されて以来「指定信用情報機関」を通して利用者の審査をすることが義務付けられるようになりました。
したがって、融資を申し込む際には必ず誰もが審査を受けなければなりません。この審査基準は会社によって若干の違いはあるものの、基本的には個人属性(既婚か独身か、勤務先への在籍状況、勤続年数など)、他社への借入状況(返済に遅延がないか否か)、信用情報機関に過去の返済事故や債務整理などの記録があるか否かなどを調べています。
とくに過去の返済事故や債務整理といった履歴がある人は「ブラック」として登録されており、彼らに対して数年間は新たに融資を行うことはできません。つまりブラックと呼ばれる利用者が大手消費者金融会社から融資を受けることは、審査に通過することができないので不可能ということになります。

ただしヤミ金は別の話となります。もともとヤミ金は国から貸金業として正式に認められていないので、当然法律を守ろうとはせず、ブラックと呼ばれる利用者たちが新たにお金を借りられずに困っている状況につけ込んで、高い利子でお金を貸し付けます。審査も必要なくお金を貸してくれるので利用者たちは一瞬助かったと思いきや、数日後からは法外な利息の取り立てに苦しめられるのです。

信頼度の高い金融会社

お金を借りるというのは不安な行為ですから、とくに緊急にお金を借りなければならぬ状況において、あまり前向きな気持ちでいられることはないでしょう。ですから、どうしてもお金を必要とするならば、信頼度の高い消費者金融会社のサービスを利用したいと思うのは当然のことです。それでは消費者金融会社のどのような点に注目すれば信頼度の高さを見抜くことができるでしょうか。

ひとつの基準となるのは「有名な会社」、たとえばCMなどでよくみかける大手の消費者金融会社であれば、基本的に信頼度が高くサービスも充実しています。融資契約前に行われる審査の基準は、銀行の融資サービスよりも若干緩いといわれていますが、それでも利用者の支払い能力の有無や収入・勤務状況、過去の信用情報などをしっかりと審査しています。また、審査した上で利用者の返済能力に応じた額までしか融資を行いません。つまり信頼度の高い消費者金融会社は、きちんと精査した上でお金を貸し過ぎない姿勢を保っているのです。

一方信頼度の低い会社はいわゆる「闇金」と呼ばれるもので、国に正式に届け出を出さずに貸金業を営み、融資は気前よく行いますが後々ありえない金利を提示して、しつこく乱暴に返済を迫ってきます。
闇金に手を出してしまった人は多額の利息に苦しみ、最悪の場合には自ら命を絶つ選択をする人もいます。もし消費者金融会社を利用することになったならば、まずは有名な会社から自分の望む条件にあったところを探しましょう。

<金融会社関連>銀行運営消費者金融「NOLOAN」

金融会社のイメージ

金融会社とは金融を主な業務とする会社全般のことをさしますが、私たちが金融会社と聞いて思い浮かべるのは、いわゆる「サラ金」といった、お金を融資する消費者金融会社のことではないでしょうか。
ここでは金融会社の中のひとつである、消費者金融会社について詳しく見ていきましょう。

消費者金融会社にはお金を貸す会社、つまりは借金をする会社というイメージがあるため、ネガティブなイメージが先行しがちですが、実際にはすべての消費者金融会社がマイナスイメージを抱かれるような会社ではありません。消費者金融会社のサービスは融資をすることであり、同じお金を取り扱う銀行などの金融機関とは一線を画し、私たちの役に立つ良心的なサービスもたくさんあります。

消費者金融会社が提供してくれる融資サービスでは緊急にお金が必要になった際に一時的にお金が借りられ、救われる場面は少なからずあるでしょう。銀行に比べて金利が高いことは否めませんが、短期間の融資であれば無利子でキャッシングができるコースを用意している消費者金融会社もありますし、審査や契約が緩やかで敷居が低いのもメリットのひとつといえるでしょう。乱用すると危険であることは間違いありませんが、良心的な消費者金融会社は利用者を審査で見極め、制限範囲内でしか融資しません。

このように、ぜひ正しい知識を持って、消費者金融会社の存在意義や賢い利用の仕方などを身につけておきたいものです。